オリジナルブルゾンの費用について|低料金で利用できる

制作する際の注意点

使用する目的に合わせる

レディ

野外で行うイベントの際に作っておくと何かと便利なのが、スタッフ専用のオリジナルブルゾンです。
スタッフ全員が同じオリジナルブルゾンを着ていると目立ちますし、また統一感もとれるのでお客さまに安心感を与えることができるのでおすすめです。
オリジナルブルゾンを作るときの注意点は、イベントの目的に合うものを制作することです。
オリジナルブルゾンを作る会社では、さまざまなタイプのブルゾンにオリジナルプリントを印刷してくれます。
そこでまずは、印刷するブルゾンから選び始めることになります。
取り扱っているブルゾンの種類やタイプはさまざまなものがあり、素材で言うとナイロン素材や丈夫な作業着に適している厚手のものやスタジャンタイプ、ハピネスブルゾンなどがあります。
ハピネスブルゾンは、安価であることや豊富なカラーバリエーションから選べることから最も多くイベント用のオリジナルブルゾンとして使われています。
元になるブルゾンはどのようなタイプでもかまわないのですが、オリジナルブルゾンにするときにかかるコストを考えてチョイスしましょう。
オリジナルブルゾンにかかる費用は、ブルゾン1枚当りの価格とそのブルゾンに印刷する印刷代、デザインを依頼すればデザイン料がかかります。
その他にも送料や梱包代などが必要になることもあるので、発注する前に確認しておきましょう。
オリジナルブルゾンに印刷するデザインですが、作成したデザインによっては印刷が難しかったり、カラーバリエーションが限られてしまったりすることもあるので、事前の打ち合わせは入念にしましょう。

デザインをお店に送付

男性

オリジナルブルゾンを製作する過程では、考案したデザインをお店側に送る作業が必要です。
送る時には、提示されている選択肢の中から都合の良い入稿方法を選びます。
このような時にポイントになるにが、何でデータを作成したかです。
手書きのデザインの場合は、FAXや郵送、電子メールなどで受け付けが行われます。
メールを選んだ時は、画像をスキャンするなどの方法で、データ化してから送ります。
パソコンで作製したデザインは、お店側が用意している様式に反映させて入稿という形を取るのが、最近のお店のやり方です。
また、カメラで撮影した画像をデータに取り込んで送る方法もあります。
入稿やプリントの関係上、作製したデータは部分的にデザインが多少変わります。
色の出方などは、特に大元のデザインと仕上がったオリジナルブルゾンとの差が出やすい部分です。
このような若干の差が起こる点は、サービスを利用する前に理解しておきます。
お店側に簡単な修正などを依頼出来る場合もあり、オリジナルブルゾンの体裁を整えたい時にも相応の対処法は見つかります。
データを確実に入稿するにあたっては、各方法で求められる注意点が挙げられます。
例えばメールの添付ファイルで送る時は、容量が1つの問題です。
メールのキャパシティを超えていると、オリジナルブルゾン用に作製したデザインの送付が難しくなります。
従って、念のため考えておきたいのが、FAXや郵送などの代替方法です。
データの加工や入稿のプロセスに手間取ると、最終的な納品まで予想以上に日数を要します。

利用目的と活用法

男女

パーカーなどの服は業者に依頼してオリジナルのものを作成することが可能です。
こういった業者では、注文は主にネットで受付を行っています。
パーカーのみならずTシャツやトレーナーなどの作成も請け負っており、カラーを選んで希望のデザインをプリントするという流れで作業は進められます。
カラーについては単色だけでなく、何種類かの色を選んで色違いのパーカーを注文することもできます。
業者にパーカー作成を依頼する場合、まず最初にサイズと色を選びます。
その後、希望するデザインを添付送信して業者とのやり取りが始まります。
業者のWEBサイトには専用フォームが用意されているため、初めて利用する人でも操作は簡単です。
デザインについて話がまとまったら、パーカー作成が開始されます。
数量については、一着から大量生産に至るまで対応してもらうことが可能です。
また、一度作成しておけば、その後同じデザインで増産したい時にすぐにプリントしてもらえるため完成までスピーディーに進みます。
こういった業者でパーカーを作成することで、自分だけのオリジナルアイテムを実現することができます。
自分自身でデザインした図柄や写真をプリントすることもできるため、記念品としても最適です。
子供の絵をプリントしておけば思い出の品になります。
また、大量に注文することでサークルや部活動で使用するユニフォームを作ることもできます。
会社などのロゴをプリントすれば、販売促進のための景品になります。